×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

A B O U T

■ 京都大学推理小説研究会について

京都大学推理小説研究会は、推理小説(ミステリ)を愛好している学生団体です。
具体的な活動内容としては、主に以下のようなことを行っています。
過去の活動報告はACTIVITYをご覧下さい。

○「犯人当て」とは?
 担当会員の執筆してきた短編の小説を、会員がその場で読み犯人を推理します。
 その後、より良い作品にするためにはどうすればよいか批評し話し合います。

○「読書会」とは?
 担当の決めた課題本を、あらかじめ会員は読んでおきます。
 例会では担当の作成してきたレジュメを元に、課題本について議論します。

○「オビミス」とは?
 2007年度から開始した企画です。
 一言でいうとプチ読書会のようなもので、会員は自由参加となります。
 担当者は特にレジュメを作成する必要はなく、参加者間で自由に議論します。

■ 蒼鴉城別館について

このサイトは、京都大学推理小説研究会(京大ミステリ研)の公式サイトとして開設されました。
会誌「蒼鴉城」の紹介・通販、新入会員の案内、活動報告などを掲載しています。

このサイトは、link free & unlink freeです。リンクをはるのもはがすのもご自由にどうぞ。
ただし、リンク先はトップページのURL(http://soajo.fuma-kotaro.com/)でお願いします。

尚、リンクをお貼りになった旨を伝えて下されば、ありがたいです。



BACK TO TOP